2021/10/6

【10/12(火)開催|オンライン共催セミナー】問い合わせチャネルとしての「電話」は今後どうなるべきか?

【10/12(火)開催|オンライン共催セミナー】問い合わせチャネルとしての「電話」は今後どうなるべきか?

顧客から企業への問い合わせチャネルは電話、メール、チャットなど多様化しています。

しかし、旧態依然として約44%の顧客が問い合わせチャネルとして電話を優先的に選択するほど、電話での問い合わせニーズは根深いことが現状です。
(参考:約5割が問い合わせチャネルとして電話を選択、AI電話自動応対サービス「ボイスボット」に関する調査を実施

本セミナーでは、Twilio Japan合同会社、株式会社AI Shiftより、電話による顧客の問い合わせ体験をいかに向上させるか、コンタクトセンターの効率化をいかに行うか、問い合わせチャネルとしての電話がどうなっていくべきか、最新の事例紹介も踏まえてディスカッションを行います。


【こんな方におすすめ】

  • お電話での問い合わせ対応に課題を感じている方
  • カスタマーサポート・DX推進のご担当者様

申し込みはこちら

講演内容

-第1部
カスタマーエンゲージメントを更に高める音声へ〜お客様に価値を生み出す構築を〜


企業と顧客のコミュニケーション手法がデジタル化する一方、企業は顧客が好むチャネルに合わせ、それらを統合し、スゴイと思わせるエンゲージメントを実現しなければなりません。

本セッションでは、多彩なコミュニケーションチャネルをAPI形式でご利用いただけるTwilioのカスタマーエンゲージメントプラットフォームについて、特に音声の部分にフォーカスをあて、お客様が望む「電話」とはなんなのかをご紹介してまいります。

-第2部
電話における次世代の顧客体験&問い合わせ自動化の両立について


電話における問い合わせニーズは未だ多く、電話対応を完全にAIで置き換えることは難しいですが、顧客体験を向上させつつ、質疑応答・予約・注文・架電など、ボイスボットでの自動対応が得意な領域も数多くあります。
既に弊社のボイスボットは約70社様にご導入いただき、業界・企業規模問わず様々な問い合わせの自動化を実現させています。

本セミナーでは、AIで電話対応を行うボイスボットを活用し、顧客体験の向上と問い合わせの自動化を実現した事例とその理由をご紹介いたします。

 

登壇者


正木 寛人
Twilio Japan合同会社 プロダクトマーケティング マネージャー
<プロフィール>
国内通信キャリア、コンタクトセンター基盤メーカにおける研究開発や製品導入推進に携わった後、2015年よりクラウドベースのコンタクトセンター/CXサービスの啓蒙活動に従事。
更に、API・ローコードの視点に共鳴し、2020年よりTwilio Japanにて、コミュニケーション及び顧客エンゲージメントの“民主化“をお客様と共に模索中。

田島 努
株式会社AI Shift AI Messenger事業部 AI Messenger Voicebot事業責任者
<プロフィール>
商社にて営業を経験後、2018年に株式会社サイバーエージェント入社。
チャットボットサービス「AI Messenger Chatbot」のシナリオ設計およびカスタマーサクセス責任者を経て、現在は同サービスの事業会社である株式会社AI Shiftにて「AI Messenger Voicebot」の責任者を務める。

 

開催概要


日時
10月12日(火)15:00~16:00

場所
オンライン開催

参加費
無料

※オンラインでの開催となります。PCもしくはスマートフォンよりご参加ください
※本セミナーへのご参加は、事前のお申し込みが必要となります。
※同業他社様のご参加はお控え願います。

申し込みはこちら

株式会社AI ShiftおよびTwilio Japan合同会社は、お客様より取得する個人情報を、お問い合わせいただいたご質問やご要望への回答、サービスやイベントのご案内を差し上げる目的でのみ利用いたします。なお、各社の個人情報保護に関する基本方針については、各社のプライバシーポリシー(株式会社AI ShiftおよびTwilio Japan合同会社)をご確認ください。

カテゴリー